斜面の安全・安心研究会

工法
強靭防護網
不動強靭柵
施工実績
強靭防護網
不動強靭柵
斜面の安全・安心研究会について
斜面の安全・安心研究会について
会員紹介
カタログダウンロード
お問い合わせ
斜面の安全・安心研究会
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1丁目8番1号
株式会社シビル内 斜面の安全・安心研究会
TEL:025-283-3450
FAX:025-282-5058

斜面の安全・安心研究会とは?

HOME >> >斜面の安全・安心研究会とは?

概 要

斜面の安全・安心研究会は、落石・土砂・雪崩災害等に対する
防護と予防の両面を考え強靭防護網、不動強靭柵を普及しています。

斜面の安全・安心研究会は、強靭防護網、不動強靭柵の技術向上を図る事によって、国土を落石・土砂・雪崩災害等から守り人々が安心して住める環境の実現を目指し、活動を行っています。

【主な活動内容】
○ 強靭防護網、不動強靭柵の普及および広報活動。
○ 強靭防護網、不動強靭柵の施工技術の向上のための改良、
 開発及び技術情報の交換などを目的とした定期交流、勉強会の開催。
○ その他、強靭防護網、不動強靭柵に関する様々な活動を実施。

会長挨拶

「次の世代に安心・安全を」人と自然・未来志向での環境づくり

21世紀を迎えた現在、我が国日本では多くの激甚災害に立て続けに見舞われております。2003年宮城県沖を震源とする地震、2004年新潟県中越地震、2007年能登半島地震、2008年岩手・宮城内陸地震、2011年東日本大震災、2016年熊本地震、また今世紀中には南海トラフ地震や首都圏直下型地震など広域且つ大規模災害も高い確率で発生が予想されています。
他には2014年・2017年は豪雨と共に大規模な土石流災害も数多く発生しました。
そのようなまさに危機的状況の中、国土強靭化のスローガンの下、更なる自然災害の脅威に対し、確かな安全を確保し、迅速な復旧が図れ、維持管理が容易な自然災害対策工法が求められています。
このような時流に適合した新技術として「強靭防護網」と「不動強靭柵」の普及を積極的に図ってゆくため斜面の安全・安心研究会の設立を致しました。
何卒ご賛同を賜りますようお願い申し上げます。